個人情報

個人情報に関する取り扱いについて



1.こころのドアは、利用者の皆様の個人情報を、下記のとおり、運営するサービスおよび施設運営管理の範囲のみで収集・利用し、適正に管理運用しています。
原則として、相談記録等の個人情報を、ご本人の心理療法、運営管理業務の目的以外には使用せず、また、個人情報を外部の第三者に提供いたしません。
たとえご家族からであっても、利用者ご本人の承諾がない限り、相談内容等に関してのご質問にはお答えいたしません。お亡くなりになった後でも同様です。

但し、次に示すような場合は例外です。この場合にも、不正に利用されないように努めます。
(1)提供するサービスにおいて外部への情報提供が必要となること。
 ・相談者からの要望に応じて、病院・診療所・学校そのほか公の機関と連携する場合
 ・よりよい心理療法のために、こころのドアのスーパーバイザー、守秘義務を守る臨床心理専門家などに意見・助言を求める場合
 ・相談者の要望に応じて家族等への病状説明をする場合。
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
。 (4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより該当事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
(5)こころのドアに対しての法的係争が生じた場合の、弁護士、専門の団体や保険会社等への相談または届出
(6)法令に基づく場合

2.こころのドアでは、個人情報を適正に管理し、不正な流出、紛失、改ざん、漏洩等から保護するために、合理的な範囲内で安全対策に努めます。

3.個人情報についてのお問い合わせについて
管理している個人情報について、利用者ご自身より開示の請求をうけた場合には、ご意思を尊重し、合理的な範囲で必要な対応をいたします。但し、個人情報の保護に関する法律25条に揚げる以下の各号に該当するときには、その全部又は一部を開示しない場合があります。 1) 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合。
2) 記録には、当社担当者の個人情報に関するものが存在していたり、その他これを開示することによって当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合。
3) 他の法令に違反することとなる場合。
  

前項の規定に基づき求められた保有個人データの全部又は一部について開示しない旨の決定をしたときは、本人に対しその旨を通知いたします。
上記利用について、同意されない場合はお申出下さい。この意思表示がない場合には、同意が得られたものとさせていただきます。ご要望により一部の変更をお受けできる場合もあります。

こころのドア船橋

  • 〒273-0005 千葉県船橋市本町1-26-2 船橋SFビル3階
  • 047-422-9951
      月曜日-土曜日(祝日、年末年始を除く)
    午後1時から5時までの間にお願いいたします
  • cocorono.jp