こころのドア船橋

心理療法 (サイコセラピー・カウンセリング)、心理相談、心理検査の専門機関です。セラピストは日本臨床心理士会に所属し、大学院卒以上の心理専門教育を受け、資格認定を受けた臨床心理士です。ご本人はもちろんのこと、ご家族のご相談、学校や会社の関係者のご相談も承ります。






心理療法
カウンセリング

こころの悩みを、主として話し合いにより解決の方向に導いていく方法を、心理療法と言います。精神療法、サイコセラピー、カウンセリングなどと呼ばれることもありますが、同じ意味だと思っていただいて結構です。いろいろな専門分野がありますが、どれも悩みをきちんとお伺いしながら進めていく点が共通しています。

認知行動療法の詳細はこちら

精神分析的心理療法の詳細

箱庭療法の詳細はこちら

EMDRの詳細はこちら

家族相談の詳細はこちら






心理検査

ご自分を良く知ることで対人関係の持ち方などを工夫し、悩みを軽くできることもあります。そのために、臨床心理士による各種心理テストを受けることができます。 人格検査と知能検査があります。具体的には、ロールシャッハテスト、エゴグラム、Y-G性格検査、文章完成法、描画テストその他いろいろあります。どんなことを知りたいか、どの位時間に余裕があるかによって、検査の種類を決めます。心理療法の途中で、心理テストを受けることがより役立つために受けていただく場合もありますし、心理テストのみを申し込んでいただくこともできます。

詳細はこちら






専門家を対象とした
セミナー

心理臨床専門家の技術向上・知識の獲得を目的としたセミナーを開催しています。

詳細はこちら



こころのドアとは?

臨床心理学を専門とする臨床心理士が主体となって千葉県船橋市にオープンした、こころの問題について相談を行う機関です。これまでに3,300人以上の方々が当機関を利用されました。
ひきこもり、家庭内暴力、摂食障害など、思春期青年期のこころの問題について、豊富な治療経験を有する臨床心理士が多数おります。現在ひと月約350件の心理面接を行っております。 必要に応じて専門医療機関と連携しながらの治療が可能です。
関連医療機関 あしたの風クリニック 心の風クリニック

詳細はこちら



お申込み・お問い合わせ

こころのドアは完全予約制です。心理療法・心理検査のお申込み・お問い合わせは電話で御願いいたします。
心理療法の料金は9000円いただきます。
tel 047-422-9951
月曜日~~土曜日(祝日、年末年始を除く)
午後1時~5時までの間にお願いいたします。日曜、祝日、年末年始(12/29-1/3)はお休みさせて頂きます。
メールでの予約は承っておりません。

詳細はこちら

“Q. こころのドア船橋では何ができますか?”

A. ①心理療法
対人関係、家族関係、性格、職場、学校、ストレス、うつ、パニック、摂食障害、ひきこもり、無気力、緊張、悲しみ、孤独その他いろいろな悩みや不安をご相談いただくことにより、臨床心理士がお話を伺いながらお気持や考えを整理したり、適切なアドバイスを行い、問題を少しずつ解決することができます。またそれを通じて、悩みや不安に対処するこころの力を少しずつ付けていっていただく事も目標にしております。
②心理テスト
ご自分を良く知ることで対人関係の持ち方などを工夫し、悩みを軽くできることもあります。そのために、臨床心理士による各種心理テストを受けることができます。 人格検査と知能検査があります。具体的には、ロールシャッハテスト、エゴグラム、Y-G性格検査、文章完成法、描画テストその他いろいろあります。どんなことを知りたいか、どの位時間に余裕があるかによって、検査の種類を決めます。心理療法の途中で、心理テストを受けることがより役立つために受けていただく場合もありますし、心理テストのみを申し込んでいただくこともできます。
③コンサルテーション
子供や兄弟などご家族や、職場の部下や学校の生徒の問題など、直接ご本人が相談に来られなくても、その対応に当たっている方の不安やお困りの点などをご相談いただくことにより、臨床心理士が対応の仕方に対するアドバイスを行い、問題を少しずつ解決することができます。

“Q. 私は病気ではないと思うのですが相談できますか?”

A. こころのドア船橋は医療機関ではありませんので、ご相談を受ける際、病気であるかないかは問いません。現代はストレス社会と言われているように、誰もが生きていく上で悩みや不安を感じています。そうした悩みや不安は、ひとりで考えていると堂々めぐりになってしまうものです。どうぞ、お気軽にこころのドア船橋にご連絡ください。 逆に、相談の途中で医療機関にかかってみたいと思われた際には、安心出来る医療機関をご紹介させていただくことも可能です。

“Q. いつでも相談できるのでしょうか?”

A. こころのドア船橋は予約制となっております。お問い合わせお申込みのページをご覧ください。

“Q. 相談は秘密にしておいてもらえますか?”

A. 臨床心理士は守秘義務を尊重します。個人情報のページをご覧ください。

“Q. 健康保険は使えますか?”

A. こころのドアは医療機関ではありません。そのため健康保険、生命保険会社などの医療保障、障害者自立支援法の公費負担はご利用になれません。


臨床心理士

皆様のご相談をお受けするスタッフは、日本臨床心理士会に所属し資格認定を受けた臨床心理士です。 指定された大学院を修了し(第1種指定大学院の場合)、あるいは修了後1年以上の臨床経験(第2種指定大学院の場合)を経て、臨床心理士資格試験に合格した場合に認定資格は与えられます。臨床心理士の専門的技術には、次のようなものがあります。

臨床心理アセスメント

面接や観察、各種の心理検査などによって、その人をよく知り、どのような援助のしかたが適切であるかを総合的に判断します。

臨床心理面接

必要に応じて、さまざまな臨床心理学的専門技法を用いながら、心の問題に対する援助を行います。技法としては精神分析的精神療法、認知療法、行動療法、来談者中心療法、家族療法、心理カウンセリング、夢分析、箱庭療法などがあります。

臨床心理的地域援助

こころの問題を解決するためには、個人の心だけを扱うのではなく、その人を囲む環境への働きかけが必要となることがあります。専門家との連携や地域社会への介入も、大切な仕事です。



経験豊かな臨床心理士のご紹介はこちら



ひきこもり

ひきこもりとは、筑波大学斎藤環教授(こころのドア船橋スーパーバイザー)によれば、20代後半までに問題化し、6カ月以上自宅にひきこもって社会参加をしない状態が持続し、他の精神障害がその第一の原因とは考えにくいものをいいます。日本にはおよそ100万人のひきこもり状態の方がいらっしゃると言われています。

詳細はこちら



家庭内暴力

家庭内暴力そのものは診断名ではありません。不登校などと同様、ひとつの状態をあらわす言葉です。こころのドア船橋では、家庭内暴力についてのご相談をお受けしております。思春期青年期の心の問題に取り組み、ひきこもりデイケアなど専門プログラムを持つあしたの風クリニックと協調しながら治療を行うことも可能です。

詳細はこちら



場所のご案内

船橋駅(JR総武線快速・各駅停車、京成本線、東武アーバンパークライン)から徒歩2分、東京駅から船橋駅までは23分とアクセス良好です。市川、千葉、柏、八千代、浦安からも多くの方がみえています。

マップなど詳細はこちら

Contact Info

  • 〒273-0005 千葉県船橋市本町1-26-2 船橋SFビル3階 
  • 047-422-9951
      月曜日-土曜日(祝日、年末年始を除く)
    午後1時から5時までの間にお願いいたします
  • cocorono.jp

こころのドア船橋は 千葉大学医学部精神医学講座千葉大学認知行動生理学教室千葉大学子どものこころの発達研究センターと共同で、認知行動療法の普及に努めています。 厚生労働省の委託事業として、独立行政法人労働者健康福祉機構が行う、「メンタルヘルス不調者等の労働者に対する相談機関による相談促進事業」の登録相談機関です。
こころのドアスーパーバイザー: 斎藤環(筑波大学・あしたの風クリニック)